おぼ‐ろ【×朧】

  1. [名]
  1. タイ・ヒラメ・エビなどの肉をすりつぶして味を付け、いり煮にした食品。そぼろ。
  1. 朧昆布」「朧豆腐」「朧饅頭 (まんじゅう) 」などの略。
  1. [形動][文][ナリ]
  1. ぼんやりとかすんでいるさま。はっきりしないさま。「―な月影」「―に見える」 春》「辛崎 (からさき) の松は花より―にて/芭蕉
  1. 不確かなさま。「―な記憶」
  1. おぼろおぼろ【朧朧】
    • [副]ぼうっとかすんでいるさま。ぼんやり。
      「過ぎ去ッた事は山媛(やまひめ)の霞に籠(こも)ッて―、とんと判らぬ事而已(のみ)」〈二葉亭浮雲
  1. おぼろぎん【朧銀】
    • 銀細工の器物の表面を梨子地(なしじ)にして光沢を消したもの。
    • 銅3、銀1の割合の合金。装飾品などに使う。
  1. おぼろぐも【朧雲】
    • 空一面に広がる高層雲のこと。雨の前兆になる。
  1. おぼろこぶ【朧昆布】
    • 昆布を酢で湿らせ、ごく薄く長く削ったもの。とろろ昆布の一種。吸い物などに用いる。おぼろ。
  1. おぼろぞめ【朧染(め)】
    • 染め色の名。着物の裾を薄く、上のほうへだんだん濃くぼかして染めたもの。江戸前期、寛文(1661~1673)のころ、京都の紺屋新右衛門が始めたという。
  1. おぼろづき【朧月】
    • 霧や靄(もや)などに包まれて、柔らかくほのかにかすんで見える春の夜の月。 春》「大原や蝶(てふ)の出て舞ふ―/丈草」
  1. おぼろづきよ【朧月夜】
    • おぼろ月の出ている夜。おぼろ夜。また、古くは、おぼろ月のこと。おぼろづくよ。 春》「人黒し―の花あかり/子規」
  1. おぼろどうふ【朧豆腐】
    • にがりを加えてから圧縮する前の、固まりかけの豆腐。水けを切り、汁の実などにする。おぼろ。
  1. おぼろまんじゅう【朧饅頭】
    • 蒸し上げてすぐに上皮をむいたまんじゅう。中の餡(あん)がうっすらと見えるもの。おぼろ。
  1. おぼろよ【朧夜】
    • おぼろ月の夜。 春》「―や南下りにひがし山/几董」