おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】

  1. ある物事について考えをもつこと。また、その内容。所懐。「年頭の―を述べる」
  1. 予想。予期。想像。「―もしない結末」
  1. 願い。望み。「長年の―がかなう」「―を遂げる」
  1. 物思い。回想。「秋の夜長に―にふける」
  1. 思慕の情。愛情。恋心。「彼女への―が募る」
  1. 執念。恨み。「この世に―を残す」
  1. あることを経験してもたらされる感じ。「胸のすく―」「自分だけいい―をする」
  1. (多く名詞の下に付いて)ある対象を気にかけ、大切にする気持ちが特に強いことを表す。「親―の息子」
  1. 4の意から》喪に服すること。また、その期間。喪中。
    • 「ちちが―にてよめる」〈古今・哀傷・詞書〉
  1. 思い内にあれば色外に現る
    • 《「礼記大学から》心に思っていることは、自然に言葉の端や顔色に現れる。
  1. 思い半ばに過ぐ
    • 《「易経」繋辞下から》考えて得るところが多い。なるほどと悟る。
  1. 思いも掛けない
    • 思ってもみない。思いもよらない。「―◦ない結果」
  1. 思いも寄らない
    • 思いつきもしない。全く予想しない。「試験に落ちるとは―◦なかった」
  1. 思い邪なし
    • 《「論語」為政から》心が素直で、偽り飾るところがない。少しも邪悪な考えがない。
  1. 思いを致す
    • 特にある物事に対し心を向ける。また、時間的・空間的に遠く離れた物事に心を向ける。「先人の努力に改めて―・す」
  1. 思いを掛ける
    • 深い恋情を寄せる。恋い慕う。また、執着する。「長年―・けた人」
    • 心配をさせる。
      「自らが名をも朽たし、母御に―・け申すことよもあらじ」〈謡・鳥追舟
  1. 思いを凝らす
    • 心を集中して一心に考える。「新しい構想に―・す」
  1. 思いを遂げる
    • 願っていたことを実現させる。望みを遂げる。「かねてからの―・げる」
  1. 思いを馳せる
    • 遠く離れている人や物事を思いやる。「故郷の妻子に―・せる」
  1. 思いを晴らす
    • 心のわだかまりの原因を取り除いてすっきりした気持ちになる。恨みを晴らす。憂さを晴らす。また、望みを遂げる。「積年の―・す」
  1. 思いを巡らす
    • あれこれと多方面に心を働かせる。「国の将来に―・す」
  1. 思いを寄せる
    • 自分の気持ちを向ける。「遠い故郷に―・せる」
    • 特に、ある異性を恋い慕う。「ひそかに―・せる」

「おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】」の前の言葉

「おもい〔おもひ〕【思い/想い/念い】」の後の言葉