かか・える〔かかへる〕【抱える】

  1. [動ア下一][文]かか・ふ[ハ下二]
  1. 物を囲むように腕を回して持つ。胸にだくようにして持つ。「ひざを―・えて座る」「包みを小脇に―・える」
  1. 自分の負担になるものをもつ。厄介なもの、世話をしなければならないものを自分の身に引き受ける。「多くの負債を―・えて倒産する」「妻子を―・えて路頭に迷う」
  1. 人を雇う。雇って使う。「運転手を―・える」
  1. その範囲の内にもつ。また、まわりを囲む。「湾を―・えた地勢」
  1. かばう。保護する。
    • 「流罪せられよと、公家に申ししかども、君―・へ仰せられしを」〈古活字本平治・下〉
  1. 今の状態を保ちつづける。維持する。
    • 「今一両日は―・へて見申し候ふべし」〈信長記・三〉
  1. [補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→抱 (かか) ゆ
  1. [用法]かかえる・[用法]だく――「人形をかかえる(だく)」などでは相通じて用いられる。◇「かかえる」は荷物などを腕で囲んで、胸や脇に持つこと。「かばんを小脇にかかえる」「大きなふろしき包みを両手でかかえる」のように用いる。また、抽象的に「三人の遺児をかかえて途方に暮れる」「借金をかかえる」などとも用いる。◇「だく」は赤ん坊や恋人などを胸のところで支え持つ意。「幼子キリストを胸にだくマリア」「病児をしっかりとだいている母親」「強くだいて!」「鳥が卵をだく」などと一般に用いられる。この場合「かかえる」では置き換えられない。◇「だく」の類似の語に「いだく」がある。「いだく」は、やや古い語であるとともに、心の中にある感情・考えをもつ意味もあり、「おそれをいだく」「大志をいだく」などと用いられる。

「かかえる〔かかへる〕【抱える】」の前の言葉

「かかえる〔かかへる〕【抱える】」の後の言葉