(かすみ)を食・う

  1. 《仙人は霞を食って生きているといわれるところから》浮世離れして、収入もなしに暮らすことのたとえ。