かな‐え〔‐へ〕【×鼎】

  1. 《「金瓮 (かなへ) 」の意》現在の鍋・釜の用に当てた、古代中国の金属製の器。ふつう3本の脚がついている。王侯の祭器や礼器とされたことから、のち王位の象徴となった。
  1. 鼎の軽重を問う
    • の荘王が、を軽んじ、周室に伝わる宝器である九鼎(きゅうてい)の大小・軽重を問うたという「春秋左伝」宣公三年の故事から》統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。権威ある人の能力・力量を疑い、その地位から落とそうとする。「会長として―・われる」
    • [補説]この句の場合、「軽重」を「けいじゅう」と読むのは誤り。
  1. 鼎の沸くが如し
    • 《左思「蜀都賦」注から》鼎の中の湯が沸き返るように、物事が混乱して騒がしいさま。
  1. 鼎を扛ぐ
    • 《「史記項羽本紀から》重い鼎を持ち上げる。腕力の強いことのたとえ。
  1. 鼎を定む
    • 《「春秋左伝」宣公三年から》帝都を決める。
  1. かなえどの【釜殿/鼎殿】
    • 平安時代以後、宮中や将軍・貴人の邸内にあった湯殿。また、そこに奉仕した人。かないどの。
      「御湯殿、とある折は、―いみじう喜びをなして仕うまつるもあはれなり」〈栄花・玉の飾り〉