がらん【×伽藍】

  1. (梵)saṃghārāmaの音写「僧伽藍摩」の略。僧園・衆園と訳す》
  1. 僧が集まり住んで、仏道を修行する、清浄閑静な場所。
  1. 大きな寺・寺院の建物。「七堂―」
  1. がらんいし【伽藍石】
    • 社寺の柱の礎石をくつぬぎ石や飛び石などに転用したもの。がらんせき。
  1. がらんじん【伽藍神】
    • 寺院を守護する神。興福寺の春日明神、延暦寺の山王権現など。寺神。
  1. がらんちょう【伽藍鳥】
  1. がらんどう【伽藍堂】
    • 寺院で、伽藍神を祭ってある堂。
  1. がらんはいち【伽藍配置】
    • 寺院における堂塔の配置形式。日本では飛鳥時代から奈良時代にかけて発達し、四天王寺式・法隆寺式・川原寺式などがある。平安時代には密教の山上伽藍が、鎌倉時代には禅宗寺院の配置が形成された。