あたま‐うち【頭打ち】

  1. 物事が限界に達してこれ以上には向上しえない状態になること。「生産量が―になる」
  1. 上昇を続けてきた相場が、それ以上上がらなくなること。

「あたま‐うち【頭打ち】」の前の言葉

「あたま‐うち【頭打ち】」の後の言葉