か・りる【借りる】

  1. [動ラ上一]《動詞「か(借)る」(四段)の上一段化》
  1. あとで返す約束で、人の物を一時的に自分のもののように使う。「友人から金を―・りる」「図書館で本を―・りる」⇔貸す
  1. 使用料を払って一定の期間自分の用に使う。「アパートを―・りる」⇔貸す
  1. 他より知恵・力などの助けを受ける。「年長者の知恵を―・りる」⇔貸す
  1. ある目的のために一時的に他の物を利用する。「この場を―・りて一言お礼を申し上げます」「あなたの言葉を―・りて言えば」
  1. [補説]上一段活用の「借りる」が用いられるのは近世後期の江戸語から。今日、共通語では「借りる」であるが、関西では五段活用の「借る」が用いられる。
  1. 借りてきた猫
    • ふだんと違って、非常におとなしいありさまの形容。