あたらし・い【新しい】

  1. [形][文]あたら・し[シク]《上代の「あら(新)たし」が「あたら(可惜)し」と混同して音変化し、平安初期から生じた語》
  1. その状態になってからあまり時間が経過していない。
  1. ㋐初めてである。「―・く事業を興す」
  1. ㋑できて間もない。使い始めて間もない。「空き地に―・く家が建つ」「―・いステレオ」⇔古い
  1. 以前のものと違っている。「顔ぶれが―・くなる」「原稿を―・く書き直す」「―・い制度」「―・い年を迎える」⇔古い
  1. 現代的である。進歩的である。また、奇抜である。「―・い感覚」「―・い技術」⇔古い
  1. ㋐食べ物などが、新鮮である。「―・い魚」「―・く採れた野菜」⇔古い
  1. ㋑まだ生き生きとしている。また、初めてで新鮮である。「記憶に―・い事件」「耳に―・い話」
  1. [派生]あたらしがる[動ラ五]あたらしげ[形動]あたらしさ[名]あたらしみ[名]
  1. 新しい女
    • 明治44年(1911)から大正5年(1916)にかけて、雑誌「青鞜(せいとう)」を出した女流文学者のグループ(平塚らいてう伊藤野枝ら)が中心となって主張した、近代的自我に目覚めた進歩的女性のこと。封建的な因襲を打破し、社会的にも家庭的にも、新しい地位を獲得しようとする女性。
  1. 新しい酒を古い革袋に入れる
    • 《新約聖書「マタイによる福音書」第9章から》新しい内容を古い形式に盛り込む。多く内容も形式もともに生きないことにいう。