あた・る【当(た)る/中る】

  1. [動ラ五(四)]
  1. 物事や人が直面、接触する。
  1. ㋐動いて来たものがぶつかる。また、動きのあるものが触れる。「ボールが顔に―・る」「雨がフロントガラスに―・る」
  1. ㋑断続的に触れる。さわる。「堅いカラーが首筋に―・る」
  1. ㋒光・熱・風などを受ける。「日がよく―・る部屋」「ストーブに―・る」「冷たい風に―・る」
  1. ㋓人に接する。人を待遇する。現在では、ひどく扱う場合に用いる。「つらく―・る」「家族に―・る」
  1. ㋔対抗する。対応する。「強敵に―・る」「勢い―・るべからずだ」
  1. 物事がその状態である。相当する。
  1. ㋐そのような関係にある。「伯父に―・る人」
  1. ㋑その方角にある。「東の方角に―・る家」
  1. ㋒他と比べて、それに当てはまる。「人の手に―・る部分」
  1. ㋓結果としてそういうことになる。「今日は結婚記念日に―・る」「失礼に―・る」
  1. 物事がふさわしい状態になる。ねらいや希望などに当てはまる。
  1. ㋐ねらいや予想のとおりになる。的中する。「天気予報が―・る」「山が―・る」
  1. ㋑催しや企画などが成功する。「商売が―・る」
  1. ㋒くじなどで選ばれる。当籤 (とうせん) する。「賞品としてテレビが―・る」
  1. ㋓適合する。合っている。「彼の批評は―・っている」
  1. 物事に探りを入れる。ようすを見る。確かめてみる。「原本に―・る」「他の店を―・ってみよう」
  1. 受けとめる。担当する。
  1. ㋐身に引き受ける。従事する。「あえて難局に―・る」
  1. ㋑割り当てられる。指名される。「当番に―・る」
  1. 身体などにぐあいの悪い触れ方をする。
  1. ㋐よくないことが身に及ぶ。「罰が―・る」
  1. ㋑からだに害を受ける。「暑さに―・る」「河豚 (ふぐ) に―・る」
  1. ㋒果物などが傷む。「この桃はところどころ―・っている」
  1. (「…にあたらない」などの形で)…するに及ばない。「驚くに―・らない」「腹をたてるには―・りません」
  1. (多く「…にあたり」「…にあたって」の形で)何かを行う時・場合になる。「新年を迎えるに―・り」「友達を選ぶに―・っては」
  1. 野球で、打者がよくヒットを打つ。「あのバッターはよく―・っている」
  1. 10 釣りで、釣り針のえさに魚が食いついた感触がある。「四投目のキャスティングで―・る」
  1. 11 《「する」が失う意に通じるところから、それを忌み嫌っていう》ひげなどを、する。そる。「顔を―・る」
  1. [可能]あたれる
  1. 当たって砕けろ
    • 成功するかどうかわからなくても、思いきってやってみよということ。
  1. 当たらず触らず
    • 差し障りがないように気をつけて何かをするさま。「―の回答」
  1. 当たらずと雖も遠からず
    • 《「礼記大学から》ぴったり当たっていなくても、それほど見当が外れてはいないようす。
    • [補説]「当たらずとも遠からず」とするのは誤り。
  1. 当たるも八卦当たらぬも八卦
    • 占いは当たる場合もあれば、当たらない場合もあるということ。
  1. 当たるを幸い
    • 手に当たるのを幸いに。手当たりしだいに。「―なぎ倒す」

「あたる【当(た)る/中る】」の前の言葉