あつま・る【集まる】

  1. [動ラ五(四)]
  1. 多くの人や物が一つところに寄る。「友は類をもって―・る」「野鳥が―・る公園」「募金が―・る」
  1. 人々の気持ちなどが集中する。注がれる。「世間の同情が―・る」
  1. [可能]あつまれる
  1. [用法]あつまる・[用法]つどう――「教会に集まる(集う)信者たち」「同窓生たちは年に一度母校に集まる(集う)」などでは相通じて用いられる。◇「集う」には、「共通の意志をもった者が」の意があり、今日では多く人に限って用い、やや文章語的である。人以外では「寄付が集まる」「花に虫が集まる」のように、「集まる」が用いられる。◇類似の語に「群がる」「たかる」がある。「群がる」は「野次馬が群がる」「花に群がる蜂」のように用いて一か所に群れのように集まっているようすをいい、「たかる」は「蟻 (あり) が砂糖にたかる」のように、集中的に群がっているようすをいう。