き【機】

  1. [名]
  1. 物事の起こるきっかけ。また、物事をするのによいおり。機会。時機。「―を見る」「反撃の―を逸する」
  1. 物事の大事なところ。かなめ。「―を制する」
  1. 飛行機。「プロペラ―」
  1. 仏語。仏の教えに触発されて活動を始める精神的能力。教えを受ける人、あるいは修行をする人の能力・素質。機根。
  1. [接尾]助数詞。飛行機を数えるのに用いる。「三―編隊」
  1. 機が熟する
    • ある物事をするのに、ちょうどよい時機になる。「改革の―・する」
  1. 機に乗じる
    • 好都合な状況や時期をうまく利用する。「―・じて攻め込む」
  1. 機に臨み変に応ずる
    • その時、その場に応じて適切な処置をとる。臨機応変。
  1. 機に因りて法を説く
    • 仏教の真理は一つであるが、その時、その場に応じて適切な説法を行う。転じて、臨機応変に処理をする。
  1. 機を失する
    • よい機会を逃がす。
  1. 機を見るに敏
    • 好都合な状況や時期をすばやくつかんで的確に行動するさま。

「き【機】」の前の言葉

「き【機】」の後の言葉