き・く【聞く/聴く】

  1. [動カ五(四)]
  1. 音・声を耳に受ける。耳に感じ取る。「物音を―・く」「見るもの―・くものすべてが珍しい」「鳥の声も―・かれない」
  1. (聴く)注意して耳にとめる。耳を傾ける。「名曲を―・く」「有権者の声を―・く」
  1. 話を情報として受け入れる。「―・くところによると」「君の評判をあちこちで―・いた」
  1. 人の意見・要求などを了承し、受け入れる。「親の言いつけをよく―・く」「今度ばかりは彼の頼みを―・いてやってほしい」
  1. (「訊く」とも書く)尋ねる。問う。「道を―・く」「自分の胸に―・け」「彼の都合を―・いてみる」
  1. 感覚を働かせて識別する。
  1. ㋐(聞く)においのよしあしや種類を鼻で感じ取る。においをかぐ。「香 (こう) を―・く」
  1. ㋑(「利く」とも書く)酒の味のよしあしや種類を舌で感じ取る。味わい試す。「酒を―・く」
  1. 当てて試してみる。「板の厚さに―・いて釘を打つ」
  1. 釣りで、当たりの有無を確かめるために、仕掛けを引いたり軽く竿を上げたりしてようすをみる。
  1. [可能]きける
  1. 聞いて呆れる
    • 言ったことが実情とは大違いで、聞いていてばからしくなる。「清廉潔白が―・れる」
  1. 聞いて極楽見て地獄
    • 話に聞くのと実際に見るのとでは非常に違っていることのたとえ。
  1. 聞いて千金見て一文
  1. 聞きしに勝る
    • 聞いて予想していた以上に程度がはなはだしい。「―・る大惨事」「―・る豪華なホテルだった」
  1. 聞くは一時の恥聞かぬは末代の恥
    • 知らないことを聞くのは、その場では恥ずかしい思いをするが、聞かないで知らないまま過ごすと、一生恥ずかしい思いをしなければならないということ。問うは一旦の恥、問わぬは末代の恥。
  1. 聞く耳持たぬ
  1. 聞く耳を持たない
    • 相手の発言を聞く気がない。
  1. 聞けば聞き腹
    • 聞かなければ知らないから平気であるけれど、聞けば腹だたしくなるということ。
  1. 聞けば気の毒見れば目の毒
    • 知らないでいればそれで済むことも、見たり聞いたりすれば欲望が起こって心身の害になるということ。

「きく【聞く/聴く】」の前の言葉

「きく【聞く/聴く】」の後の言葉