きゃっ‐か〔キヤク‐〕【却下】

  1. [名](スル)
  1. 願い出などを退けること。「願書を―する」
  1. 裁判所・官庁などの国家機関が、訴訟上の申し立てや申請などを取り上げないで排斥すること。民事訴訟では、訴えの内容を審理しないで不適法として門前払いすることをいい、棄却と区別される。「保釈請求を―する」→棄却

「きゃっ‐か〔キヤク‐〕【却下】」の前の言葉

「きゃっ‐か〔キヤク‐〕【却下】」の後の言葉