きょ‐む【虚無】

  1. 何物もなく、むなしいこと。空虚。
  1. この世に存在するすべてのものに価値や意味を認めないこと。「―感」
  1. 虚心であること。「―自在の心」
  1. 無限の宇宙。大空。虚空 (こくう) 。
  1. 古代中国の老子の哲学で、万物の根源・本体は、はかりがたく無であるということ。
  1. きょむしゅぎ【虚無主義】
  1. きょむてき【虚無的】
    • [形動]世の中や人生などがむなしく思われるさま。「―な人生観」
  1. きょむとう【虚無党】
    • 帝政ロシア時代、チェルヌイシェフスキーを指導者とする革命的民主主義者の党派の称。
    • ロシア皇帝暗殺などの非常手段に訴えた1870~80年代の革命家たちを、非難してよんだ語。
  1. きょむのがく【虚無の学】
    • 中国の戦国時代、老子が唱え、荘子などが受け継いだ学問。自然のままに、無為であることを道徳の極致とする。その末流が道家(どうか)となった。