きり【霧】

  1. 《動詞「き(霧)る」の連用形から》
  1. 地表や海面付近で大気中の水蒸気が凝結し、無数の微小な水滴となって浮遊する現象。古くは四季を通じていったが、平安時代以降、秋のものをさし、春に立つものを霞 (かすみ) とよび分けた。気象観測では、視程1キロ未満のものをいい、これ以上のものを靄 (もや) とよぶ。 秋》「―しばし旧里に似たるけしき有り/几董
  1. 液体を細かい水滴にして空中に飛ばしたもの。「―を吹いてアイロンをかける」
  1. [補説]書名別項。→
[下接語]
雲霧黒い霧(ぎり)秋霧朝霧薄霧川霧(さ)初秋(はつあき)山霧夕霧夜霧
  1. 霧不断の香を焚く
    • 仏前で絶えずたく香の煙のように、霧が絶えることなくたちこめる。
      「いらか破れては―・き」〈平家・灌頂〉

「きり【霧】」の前の言葉

「きり【霧】」の後の言葉