くい‐つき〔くひ‐〕【食(い)付き】

  1. 食いつくこと。「魚の―が悪い」
  1. 物事を始めるきっかけ。
    • 「隣ずからの寒暄 (かんけん) の挨拶が―で、親々が心安く成るにつれ」〈二葉亭浮雲
  1. ある食べ物を好んで食べるようになること。
    • 「それから―になって霜月の声を聞くと色気より食い気」〈魯文安愚楽鍋
  1. 寄席で、中入り直後の出番。また、それをつとめる芸人。

「くい‐つき〔くひ‐〕【食(い)付き】」の前の言葉

「くい‐つき〔くひ‐〕【食(い)付き】」の後の言葉