くさ・る【腐る】

  1. [動ラ五(四)]
  1. 細菌の作用で植物性・動物性のものが分解して変質する。食物などがいたむ。腐敗する。「魚が―・る」
  1. からだの組織が破れ崩れる。うみただれる。「凍傷で指先が―・る」
  1. 木・繊維・金属などが風化したり酸化したりしてぼろぼろになる。朽ち崩れる。腐敗・腐食する。「柱が―・る」「さびて―・ったナイフ」
  1. 物が変質して、嫌なにおいがついたり汚れたりして使えなくなる。「金魚鉢の水が―・る」
  1. 純な心が失われてだめになる。精神が救いようがなく堕落する。「性根が―・っている」
  1. 思いどおりに事が運ばないため、やる気をなくしてしまう。いや気がさす。めいる。「気が―・る」「原稿が没になって―・っている」
  1. (他の動詞の連用形に付いて)その動作をする人に対する軽蔑・ののしりの気持ちを表す。「いばり―・る」「つまらんことを言い―・る」
  1. 賭 (か) け事で負ける。
    • 「夕べ胴が―・ってありたけ取られ」〈咄・御前男・四〉
  1. すっかり濡れる。びしょ濡れになる。
    • 「―・った着物はしぼって引きさげ」〈滑・膝栗毛・三〉
  1. [動ラ下二]くされる」の文語形。
  1. 腐っても鯛
    • すぐれたものは、いたんでもそれなりの値打ちは保っているということのたとえ。
  1. 腐る程
    • 使いきれないほど物がたくさんあるようすの形容。「金は―ある」