くもり【曇(り)】

  1. 雲で空が覆われている状態。気象用語としては雲量が9以上、視程1キロ以上で、降水や雷のない状態の天気をいう。
  1. 透明なものや光をよく反射するものなどが、曇ってぼんやりすること。また、その状態。「眼鏡の―」
  1. 気持ち、また表情などが、明るさを失って沈むこと。わだかまりがあること。
    • 「満面の―は拭 (ぬぐ) い消されなかった」〈魯庵・社会百面相〉
  1. 公明でないこと。うしろぐらいこと。「―なき身」
[下接語]
(ぐもり)朝曇り(あま)曇り薄曇り内曇り(う)の花曇り潮曇り霜曇り高曇り・棚曇り・花曇り春曇り本曇り夕曇り雪曇り
  1. くもりがち【曇(り)勝ち】
    • [形動]曇ることが多いさま。曇りやすいさま。「―な天気が続く」「表情は―だった」
  1. くもりガラス【曇(り)ガラス】
  1. くもりぐも【曇(り)雲】
    • 層積雲の俗称。白または灰色の雲が塊をなしているもの。
  1. くもりごえ【曇(り)声】
    • はっきりしない声。また、涙などに曇った声。
  1. くもりぞら【曇(り)空】
    • 雲におおわれていて、日のささない空。
  1. くもりび【曇(り)日】
    • 空が曇っている日。曇日(どんじつ)
  1. くもりよの【曇り夜の】
    • [枕]曇りの夜は物の区別もさだかでないところから、「たどきも知らず」「あがしたばへ」「迷(まど)ふ」などにかかる。
      「足柄のみ坂恐(かしこ)み―我(あ)が下延(ば)へを言出(こち)でつるかも」〈・三三七一〉