けだし【蓋し】

  1. [副]
  1. 物事を確信をもって推定する意を表す。まさしく。たしかに。思うに。「―その通りであろう」
  1. (あとに推量の意味を表す語を伴って)もしかすると。あるいは。
    • 「百 (もも) 足らず八十隅坂 (やそくまさか) に手向けせば過ぎにし人に―逢はむかも」〈・四二七〉
  1. (あとに仮定の意味を表す語を伴って)万が一。もしも。ひょっとして。
    • 「わが背子し―まからば白妙の袖を振らさね見つつしのはむ」〈・三七二五〉
  1. おおよそ。大略。多く、漢文訓読文や和漢混淆文などに用いる。
    • 「よって勧進修行の趣、―もって斯 (か) くの如し」〈平家・五〉
  1. けだしく【蓋しく】
    • [副](あとに推量の意味を表す語を伴って)おそらく。ひょっとして。
      「吾妹子(わぎもこ)が形見の合歓木(ねぶ)は花のみに咲きて―実にならじかも」〈・一四六三〉
  1. けだしくも【蓋しくも】
    • [副]《副詞「けだしく」+係助詞「も」から》
    • (あとに推量または疑問の意味を表す語を伴って)おそらく。ひょっとしたら。
      「なぞ鹿のわび鳴きすなる―秋野の萩や繁く散るらむ」〈・二一五四〉
    • (あとに仮定の意味を表す語を伴って)もしも。
      「よひよひにわが立ち待つに―君来まさずは苦しかるべし」〈・二九二九〉