あや【文/×綾】

  1. 物の表面に現れたさまざまな形や模様。特に、線が斜めに交わった模様。
  1. 特に苦心した、文中の言い回し。含みのある表現や微妙なニュアンス。「言葉の―」
  1. 表面的には見えないが、たどると見えてくる社会や世の中の入り組んだ仕組み。裏表。「人生の―」
  1. (綾)いろいろな模様を織り出した絹織物。あやおり。あやおりもの。