けん‐ぜん【健全】

  1. [名・形動]
  1. 身心が正常に働き、健康であること。また、そのさま。「―な発達をとげる」
  1. 考え方や行動が偏らず調和がとれていること。また、そのさま。「―な社会教育」
  1. 物事が正常に機能して、しっかりした状態にあること。また、そのさま。「―な財政」
  1. [派生]けんぜんさ[名]
  1. 健全なる精神は健全なる身体に宿る
    • ユウェナリスの「風刺詩集」から》身体が健康であれば、おのずから精神も健全である。
    • [補説]詩の一部が訳されて広まった言葉。本来は「大欲を抱かず、健康な身体に健全な精神が宿るように望むべきだ」の意。
  1. けんぜんぎんこう【健全銀行】
  1. けんぜんこう【健全行】
    • 自己資本比率が、国内営業銀行で4パーセント以上、国際営業銀行で8パーセント以上である銀行。健全銀行。
  1. けんぜんせいきせいきこう【健全性規制機構】