こい〔こひ〕【恋】

  1. 特定の異性に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。恋愛。「―に落ちる」「―に破れる」
  1. 土地・植物・季節などに思いを寄せること。
    • 「明日香川川淀さらず立つ霧の思ひ過ぐべき―にあらなくに」〈・三二五〉
  1. [補説]書名別項。→
  1. 恋に上下の差別無し
    • 恋愛感情には身分による上下の区別はない。恋に上下の隔(へだ)て無し。
  1. 恋に上下の隔て無し
  1. 恋の鞘当て
    • 《遊里で一人の遊女をめぐって二人の武士が鞘当てをする歌舞伎の題材から》恋がたきどうしが争うこと。また、その争い。
  1. 恋は曲者
    • 恋は分別を失わせ、思いもよらないことをさせるものだ。
  1. 恋は思案の外
    • 恋は常識や理性では割り切れないものだ。恋は心の外。
  1. 恋は盲目
    • Love is blind》恋におちると、理性や常識を失ってしまうということ。
  1. 恋は闇
    • 恋は人の理性を失わせるということのたとえ。また、恋の逢瀬(おうせ)には暗闇が好都合の意にも用いる。
      「―といふ事を知らずや」〈浮・一代男・一〉

「こい〔こひ〕【恋】」の前の言葉

「こい〔こひ〕【恋】」の後の言葉