こう‐かん〔カウ‐〕【好感】

  1. よい感じ。好ましい印象。「―がもてる青年」「人に―を与える」
  1. [補説]長期金利低下が好感されて株価が上がる」のように株式市場では以前からサ変動詞としての使い方があった。近ごろでは「もっとも好感される女優」のように、株式用語以外の場面でも使われ始めている。
  1. こうかんど【好感度】
    • よい、好ましいと感じる度合い。「コマーシャルの―調査」「企業の―が高まる」

「こう‐かん〔カウ‐〕【好感】」の前の言葉

「こう‐かん〔カウ‐〕【好感】」の後の言葉