こう‐こつ〔クワウ‐〕【××惚】

  1. [ト・タル][文][形動タリ]
  1. 物事に心を奪われてうっとりするさま。「―として聴き入る」「―の境地」
  1. 意識がはっきりしないさま。
    • 「将軍はすでに疲れ切っていた…精神も次第に―となるほどだった」〈藤村夜明け前
  1. 老人の、病的に頭がぼんやりしているさま。有吉佐和子著「恍惚の人」(昭和47年)により流行した。

「こう‐こつ〔クワウ‐〕【××惚】」の前の言葉

「こう‐こつ〔クワウ‐〕【××惚】」の後の言葉