こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】

  1. 《「嚆」は叫び呼ぶ意》かぶら矢。
  1. 《昔、中国で戦いを始めるとき、敵陣に向かって1を射たところから》物事のはじまり。最初。「二葉亭の『浮雲』をもって日本近代小説の―とする」

「こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】」の前の言葉

「こう‐し〔カウ‐〕【×嚆矢】」の後の言葉