あり‐がた・い【有(り)難い】

  1. [形][文]ありがた・し[ク]《あることがむずかしい、の意から》
  1. 人の好意などに対して、めったにないことと感謝するさま。「―・い助言」「―・く頂戴する」
  1. 都合よく事が進んでうれしく思うさま。「―・いことに雨がやんだ」「社にとっては―・くない状況だ」
  1. またとないくらい尊い。もったいない。「―・い仏様」「―・いお言葉」
  1. 存在しがたい。珍しい。めったにない。
    • 「―・きもの、舅にほめらるる婿」〈・七五〉
  1. むずかしい。困難だ。
    • 「前車の轍 (てつ) を見る事は誠に―・き習ひなりけむかし」〈神皇正統記・後醍醐〉
  1. 世に生きることがむずかしい。生活しにくい。
    • 「世の中は―・く、むつかしげなるものかな」〈・東屋〉
  1. [派生]ありがたがる[動ラ五]ありがたげ[形動]ありがたさ[名]ありがたみ[名]