こころ‐なし【心×做し】

  1. (多く、副詞的に用いる。また、「こころなしか」の形でも用いる)心の中でそう思うこと。思いなし。気のせい。「―元気そうだ」「―か顔色がすぐれない」