さ・る【去る】

  1. [動ラ五(四)]
  1. 《本来は移動する意で、古くは、遠ざかる意にも近づく意にもいう》
  1. ㋐ある場所から離れる。そこを離れてどこかへ行ってしまう。遠ざかる。「故郷を―・る」「この世を―・る」「片時も念頭を―・らない」
  1. ㋑地位・職業などを退く。「王位を―・る」「舞台を―・る」
  1. ㋒時が過ぎる。ある季節・時期が遠のく。「冬が―・る」「青春は―・った」
  1. ㋓時間的、空間的に隔たる。離れている。「今を―・る七年前」「東京を―・ること二〇〇キロ」
  1. ㋔今まであった状態が薄らいだり、なくなったりする。消える。「痛みが―・る」「危険が―・る」
  1. ㋐離して遠くへやる。遠ざける。離縁する。「妻を―・る」
  1. ㋑除いてなくす。消す。「雑念を―・る」「虚飾を―・る」
  1. (動詞の連用形に付いて)すっかり…する、…しつくすの意を表す。「忘れ―・る」「葬り―・る」
  1. 時・季節などが近づく。巡ってくる。
    • 「秋―・らば黄葉 (もみち) の時に」〈・三九九三〉
  1. [可能]される
  1. 去る者は追わず
    • 《「孟子」尽心下の「それ予の科を設くるや、往(さ)る者は追わず、来たる者は拒まず」から》自分から離れて行こうとする者は、その意志に任せて、強いて引き留めない。
  1. 去る者は日日に疎し
    • 《「古詩十九首」其一四の「去る者は日(ひび)に以て疎く、来たる者は日(ひび)に以て親しむ」から》死んだ者は、月日がたつにつれて忘れられていく。転じて、親しかった者も、遠く離れてしまうと、しだいに親しみが薄くなる。

「さる【去る】」の前の言葉

「さる【去る】」の後の言葉