い・い【好い/善い/良い】

  1. [形](「よい」のくだけた言い方。ふつうは終止形・連体形だけが用いられる)
  1. よい」に同じ。「器量が―・い」「―・いようにしてくれ」「もっと勉強すれば―・いのに」「もう―・いかい、もう―・いよ」
  1. 関係が良好である。特に、男女が相思相愛の仲である。「あの二人は―・い仲だ」「―・い人ができた」
  1. ㋐(反語的に用いて)見苦しい。みっともない。「―・い気になる」「―・い恥さらしだ」
  1. ㋑十分過ぎる。その必要がない。「酒はもう―・い」
  1. [補説]「よい」の終止形・連体形だけが、類義・類音の「ええ(良)」の影響を受けて「いい」となった語。「いくない」「いかった」なども地方によっては使われるが、あまり一般的でない。
  1. [用法]いい・[用法]よい――「日当たりがいい(よい)」「都合がいい(よい)」「気分がいい(よい)」、また「いい(よい)評判」「いい(よい)成績」などでは相通じて用いられるが、話し言葉では「いい」のほうが普通である。◇「いい気味だ」「いいざまだ」「いい年をして」「いい迷惑だ」「いい御身分だ」のような皮肉をこめた言い方、相手を非難する言い方では「いい」を使い、「よい」はあまり使わない。「よい子」は正面からの肯定的評価であるが、「いい子になる」では皮肉な意味がこめられる。→いいこ(好い子)◇類似の語に「よろしい」があり、「評判がよろしい(いい・よい)」「成績がよろしい(いい・よい)」など、「いい」「よい」と同じように使うが、「よろしい成績」「よろしい日当たり」などとは普通はいわない。
  1. 好い線を行く
    • ある程度のところまで条件・要求などを満たしている。「彼の歌は―・っている」

「いい【好い/善い/良い】」の前の言葉

「いい【好い/善い/良い】」の後の言葉