さんやく‐そろいぶみ〔‐そろひぶみ〕【三役×揃い踏み】

  1. 大相撲本場所千秋楽、結びの三番前に、大関関脇小結にかなう力士がそろって土俵上で四股 (しこ) を踏むこと。

「さんやく‐そろいぶみ〔‐そろひぶみ〕【三役×揃い踏み】」の前の言葉

「さんやく‐そろいぶみ〔‐そろひぶみ〕【三役×揃い踏み】」の後の言葉