しお〔しほ〕【潮/×汐】

  1. 月や太陽の引力によって周期的に起こる海面の昇降。うしお。「―が満ちる」「―が引く」
  1. 海水。また、潮流。海流。「―を汲む」「―が変わる」
  1. 事をするのによい機会。しおどき。「それを―に席を立つ」
  1. 愛嬌 (あいきょう) 。
    • 「常は人を見るに必ず笑を帯びざる無き目の―も乾き」〈紅葉金色夜叉
  1. 江戸時代、上方の遊里で、揚げ代が3匁の遊女。大夫・天神・鹿恋 (かこひ) に次ぎ、影・月 (がち) の上。
  1. [補説]漢字表記の「潮」は朝しお、「汐」は夕しおの意。
[下接語]
青潮赤潮上げ潮朝潮入り潮渦潮大潮落ち潮親潮(かざ)黒潮小潮込み逆(さか)込み潮(さか)下げ潮差し潮高潮血潮出潮中潮長潮(にが)(のぼ)り潮(はつ)引き潮(ひ)(ま)満ち潮向かい潮夕潮若潮
  1. 潮が引く
    • 引き潮になる。干潮になる。
    • それまで盛んだった勢いが衰える。「ブームが去り、観光客も―・くようにいなくなった」

「しお〔しほ〕【潮/×汐】」の前の言葉

「しお〔しほ〕【潮/×汐】」の後の言葉