しか・り【然り/×爾り】

  1. [動ラ変]《副詞「しか」にラ変動詞「あり」の付いた「しかあり」の音変化》そのようである。そのとおりである。そうである。「―・り、君の言うとおり」
    • 「俗語などは、はかなきもののようなれども、なかなかに―・らず」〈逍遥小説神髄
  1. 然りと雖も
    • そうであるけれども。そうではあるが。
      「今日の如き…光輝を発したるは、未曽有の事なるべし、―、ここに止まるべからず」〈中村訳・西国立志編〉
  1. 然る上は
    • そうであるからには。
      「人ありて、拙きままにこそうちかなはであることなれ。―、この上人の、大師のまねして定に入らるれば」〈撰集抄・七〉
  1. 然るが故に
    • そうであるから。それゆえに。