い・う〔いふ〕【言う/×云う/×謂う】

  1. [動ワ五(ハ四)]
  1. 言葉を口に出す。心に思っていること、考え・判断などを相手に伝達するために、言葉に出したり、文章に表したりする。
  1. 口を通して言葉として出す。「やっと片言を―・うようになった」
  1. 言葉にして表す。思うことを言葉で表現する。「文句を―・う」「だれもが彼のことをよく―・わない」「これ以上―・うことはない」「出席できない旨を手紙で―・ってきた」
  1. 名づける。称する。…と呼ぶ。「一一月三日を文化の日と―・う」
  1. 世間の人がそのように称する。一般にそう呼ばれている。「縁起がいいと―・われる大安の日」「彼は無類の好人物と―・われている」
  1. 何らかの声や言葉を発する。「わあと―・って泣き出した」
  1. 動物などが声を出す。物が音を発する。音を立てる。「犬がわんわん―・う」「鉄瓶がちんちん―・う」「床がみしみし―・う」
  1. 実質的なの意味が弱まったり、なくなったりして、常に他の語に付いて用いられる。
  1. (「…という」の形で体言に続けて)
  1. ㋐同格であることを示す。「ハイジと―・う少女」「世界の中のアメリカと―・う国」「人事部と―・う部署」
  1. ㋑「と」の前の事柄を特に取り立てて示して、意味を強める。「人と―・うものはわからないものだ」「おまえと―・うやつは何とひどい人間なのだ」
  1. ㋒数量を表す語に付いて、その意味を強める。…に相当する。「何十万と―・うイナゴの大群」
  1. ㋓同じ名詞を前後に置いて、それに属するものはすべて、または、その語を強める意を表す。「入り口と―・う入り口は閉鎖された」「店と―・う店はどこも休んでいた」「今日と―・う今日はがまんできない」「特に用事と―・う用事でもないが」
  1. (「…というと」「…といえば」「…といい…といい」などの形で)話題として取り上げて示す。「今いちばんおもしろい映画と―・えば何でしょう」「大きさと―・い、値段と―・い、ちょうど手ごろだ」
  1. 副詞「こう」「そう」「ああ」「どう」に「いう」「いった」が付いた形で体言に続けて、…のような、…の類の、の意を表す。「ああ―・う場所には近づくな」
  1. 代名詞「これ」「どこ」「なに」に「という」「といった」などが付いた形で、あとに打消しの語句を伴って、特に取り立てて言うほどの…がない意を表す。「これと―・う欠点もない」「これと―・った趣味がない」「どこと―・ってからだに悪いところはない」
  1. (「…という」「…ということだ」などの形で)話の内容が直接でなく他からの情報にもとづくことを表す。「気象庁の長期予報によると、今年の冬は寒いと―・う」「病状は峠を越したと―・うことなので安心した」
  1. (「…といっても」「…とはいえ」「…とはいうものの」などの形で)事実は…であると認められるが、しかし…である(でない)意を表す。…であっても。「春と―・っても風はまだ冷たい」「失敗したとは―・え、悲観はしていない」
  1. 接続助詞「から」に「といって」が付いた形で、あとに打消しの語句を伴って、そのような条件・理由であっても必ずしも…でない、の意を表す。「対戦相手が弱いからと―・ってあなどってはいけない」
  1. (「…といったらない」の形で)程度が、これ以上に…なことはない、極めて…だ、の意を表す。「病弱な上に、年はとるし、心細いと―・ったらない」
  1. (「そうかといって」「かといって」「といって」などの形で)本心としては拒みたいが、拒むのもまずいという意を表す。「ごちそうしてもらう筋合いではないが、そうかと―・って割り勘というのも不都合だ」
  1. 詩吟を吟ずる。
    • 「漢詩 (からうた) 、声あげて―・ひけり」〈土佐
  1. 求愛する。言い寄る。
    • 「いとねむごろに―・ひける人に、こよひあはむと契りたりけるに」〈伊勢・二四〉
  1. [補説]3の、「こういう」「そういう」「ああいう」「どういう」はまとまった一語として連体詞と考える。
  1. [可能]いえる
  1. [用法]いう・[用法]はなす――「言う」は「独り言を言う」「言うに言われない」のように、相手の有無にかかわらず言葉を口にする意で用いるほかに、「日本という国」「こういうようにやればうまく行くというわけだ」など引用的表現にまで及ぶ。◇「話す」は「しゃべる」とともに、「喫茶店で友達と話す」「電話で近況を話す」のように、相手がいる場での言葉の伝達である。「話し方教室」とはいうが、「言い方教室」とはいわない。◇類似の語に「述べる」「語る」があるが、ともにまとまった内容を筋道を立てて発言する意の語であり、「意見を述べる」「紙上で述べる」のように用いたり、「物語」「義太夫語り」のような熟語を生んだりする。
  1. 言い得て妙
    • 巧みに言い表しているさま。「バブル経済とは―だ」
  1. 言う口の下から
    • 言ったとたんに。言うとすぐに。「やめると―もうタバコに火をつけた」
  1. 言う事無し
    • 非の打ちようがなく、すばらしい。「この出来上がりなら―だ」
  1. 言うだけ野暮
    • 皆が知っていながら黙っていることを、口に出して言うのはばかげている。
  1. 言うに言われない
    • 言葉でうまく言い表せない。「夕焼けの―◦ない美しさ」
    • 言いたくても言うことができない。「―◦ない事情がある」
  1. 言うに及ばず
    • 言うまでもない。もちろんのことだ。「国内は―、海外にまで知られた作曲家」
  1. 言うに事欠いて
  1. 言うに事を欠いて
    • ほかに言い方があるだろうに。ほかにも話題があるだろうに。言うに事欠いて。「―本人の前であんな話をするなんて」
  1. 言うは易く行うは難し
    • 《「塩鉄論」利議から》口で言うのはたやすいけれども、それを実行することはむずかしい。
  1. 言うべきにもあらず
    • 口に出して言うまでもない。
      「雪の降りたるは―◦ず」〈・一〉
  1. 言うべくもあらず
    • 言葉では言い尽くせない。
      「―◦ぬ綾織物に絵をかきて」〈竹取
  1. 言うまでもない
    • あれこれ言う必要のないほどわかりきったことである。もちろんである。「漱石が明治の文豪であることは―・いことだ」
  1. 言うもおろか
    • 《「おろか」は、おろそか、不十分の意。後に「愚か」と意識された》言うまでもない。言うのもばかげている。
  1. 言うも更なり
  1. 言うも世の常
    • どう言っても世間並みな平凡なものになってしまい、うまく言い表せない。言えば世の常。
      「今はとて、おちいりけむ有様、心のうち、見る心地して、悲しきなど―なり」〈狭衣・二〉
  1. 言えた義理
    • 今までのいきさつから当然言ってもよい立場・関係。反語・否定の表現に用いる。「今さら助けてくれなどと―か」
  1. 言えば得に
    • 《「に」は打消しの助動詞「ず」の古い連用形》口に出して言おうとすれば、うまく言えないで。
      「―言はねば胸にさわがれて心ひとつに嘆くころかな」〈伊勢・三四〉
  1. 言えば更なり
    • わざわざ新たに言う必要もないほどだ。もちろんである。言うも更なり。
      「目もあやに飾りたる装束有様―」〈・若菜下〉
  1. 言えば世の常
  1. 言わないことではない
    • そうなると、あらかじめ言っておいたのに、それ見たことか。自分の助言を無視してしくじった人を非難していう言葉。言わんこっちゃない。
  1. 言わぬが花
    • 口に出して言わないほうが味わいもあり、差し障りもなくてよい。「これから先は―だ」
  1. 言わぬは言うに優る
    • 黙っているほうが、口に出して言うよりもかえって切実な思いをよく表す。
  1. 言わんばかり
    • 口にこそ出さないが、ようすや表情からはっきりそれとわかる。言わぬばかり。「誘ってくれと―のそぶり」