じつりょく‐こうし〔‐カウシ〕【実力行使】

  1. ある目的を達するために、話し合いによらず、武力や腕力などをもって実際の行動に出ること。特に、労働争議にあたり、ストライキなどを行うこと。