ユニシアHD

どんな薬か?

 高血圧症に有効なアンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤(バルサルタンやオルメサルタンメドキソミル)と、高血圧症・狭心症に有効なカルシウム拮抗剤(アムロジピンベシル酸塩やアゼルニジピン)の合剤です。この組み合わせは高血圧症の複数の成因を同時に抑えてすぐれた降圧効果を示すことから広く用いられ、また2種併用合剤は服薬率の向上に役立ちます。ただし、この薬は過度の血圧低下を招くことがあるので、高血圧症治療の第一選択薬としては用いません。

副作用

 発疹、かゆみ、じんましん 、頭痛、下痢、便秘、嘔吐、腹痛、口渇、ほてり、心房細動、筋肉障害(関節痛など)、歯肉肥厚、腎機能障害、めまい、血管浮腫、肝炎、肝機能障害・黄疸、腎不全、高カリウム血症、ショック、失神、意識消失、血小板減少、白血球減少、無顆粒球症、房室ブロック、臨床検査値異常(GTP・GPT・CK上昇)、低血糖などが、またバルサルタン・アムロジピンベシル酸塩製剤では、脂質異常症、高尿酸血症、発疹、間質性肺炎、呼吸器障害、横紋筋融解症などが、オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン製剤では、顔面紅潮、洞停止、徐脈、横紋筋融解症などが現れることがあります。

 カンデサルタンシレキセチル・アムロジピンベシル酸塩製剤では、横紋筋融解症、間質性肺炎、血管炎、めまい、ふらつき、胸痛、動悸、期外収縮、洞房ブロック、洞停止、不眠、ねむけ、しびれ感、動揺、食欲不振、胃部不快感、心窩部痛(しんかぶつう)、味覚異常、口内炎、膵炎、貧血、白血球増多、せき、耳鳴りなどが現れることがあります。このような症状が現れたら、すぐ医師に相談してください。

使用上の注意

①錠剤で、1日1回の服用です。この薬の成分に対して過敏症の既往歴のある人、妊婦または妊娠している可能性のある人には使用できません。バルサルタン・アムロジピンベシル酸塩製剤では、ジヒドロピリジン系化合物を使用中の人、またオルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン製剤では、アゾール系抗真菌剤、HIVプロテアーゼ阻害剤を使用中の人なども使えません。

②腎動脈狭窄のある人、高カリウム血症のある人、重篤な腎機能障害のある人、肝障害のある人、とくに胆汁性肝硬変及び胆汁うっ滞のある人、脳血管障害のある人などは、医師に相談してから用いてください。

 カンデサルタンシレキセチル・アムロジピンベシル酸塩製剤では、薬剤過敏症の既往歴のある人やほかの薬を併用する人は医師に相談してください。

製薬会社名 武田薬品工業
剤形 錠剤
薬の色 淡黄
包装材料の記号 273
薬剤本体の記号 273 HD
分類 循環器系の薬(循環器系用剤) > 降圧剤(血圧降下剤) > アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤/カルシウム拮抗剤併用製剤 > カンデサルタンシレキセチル・アムロジピンベシル酸塩製剤
主な効果・効能 高血圧症