ナウゼリン

どんな薬か?

 胃は規則正しい運動をすることによって、食物を消化し、腸に送っています。

 ところが、慢性胃炎、胃下垂、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)、胆嚢(たんのう)・胆道の病気、小児の上気道感染症や周期性嘔吐症(おうとしょう)、薬の服用、開腹手術などによって胃の運動に障害がおこると、吐き気嘔吐食欲不振腹部の膨満感や不快感腹痛胸やけげっぷといった消化器症状が現れてきます。消化管運動調整剤には、胃の運動を整える、吐き気を抑えるといった作用があります。

副作用

マレイン酸トリメブチン製剤では、肝機能障害、黄疸、過敏症状(発疹(ほっしん)などのアレルギー症状)などをおこすことがあります。このような症状がおこったら服用を止め、すぐ医師に相談してください。

メトクロプラミド製剤ドンペリドン製剤では、まれに無月経、持続性乳汁漏出、男性の女性様乳房、手指の震え、筋肉の硬直、首筋・顔のひきつり、眼球回転発作、ショック、アナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄疸(おうだん)、意識障害、けいれんなどをおこすことがあります。

③まれに下痢、便秘、腹痛、腹部の圧迫感、口の渇き、胸やけ、吐き気・嘔吐などの症状がおこることがあります。

使用上の注意

①いろいろな剤型がありますが、1日3回、食前の服用が原則です。ただし、服用するときは、医師・薬剤師などの指示をきちんと守ってください。

メトクロプラミド製剤ドンペリドン製剤は、消化管出血のある人や、この薬に過敏症のある人には使用できません。

 また、向精神剤のフェノチアジン系抗精神病剤ブチロフェノン系抗精神病剤を併用している人は、医師に報告してください。

③妊婦または現在妊娠する可能性のある人、母乳で授乳中の人は、必ず医師に報告してください。

製薬会社名 協和発酵キリン
剤形 錠剤、坐剤、細粒
薬の色 白、白~帯黄白
包装材料の記号 KH 305 5mg 5mg、KH 306 10mg 10mg、KH 308 10mg、KH 309 30mg、KH 310 10mg/1g、KH 311 60mg
薬剤本体の記号 KH 305、KH 306
分類 消化器系の薬 > 健胃消化剤 > 消化管運動調整剤 > ドンペリドン製剤
主な効果・効能 吐き気、嘔吐、食欲不振、吐き気・嘔吐