マグミット

どんな薬か?

 制酸剤は、潰瘍(かいよう)の原因となる胃酸を中和させ、酸性で消化力の強いペプシンの作用を消滅させたり、低下させる薬です。現在使用されている薬は従来のものに比べて、作用はおだやかで持続性があり、効果も確実で、副作用もほとんどみられません。消化性潰瘍十二指腸潰瘍)のほか、胃炎神経性食欲不振胃下垂胃酸過多症などの治療にも用いられます。

副作用

 薬によって、長期間・大量に使用すると高マグネシウム血症やアルミニウム脳症、アルミニウム骨症、腎結石(じんけっせき)、高マグネシウム血症(呼吸抑制、意識障害、不整脈、心停止、吐き気・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈、皮膚紅潮、筋力低下、傾眠などの症状)、尿路結石をおこすことがあります。また、ときに食欲不振、下痢、便秘などをおこすことがあります。

使用上の注意

①錠剤と散剤があり、食後の服用が原則です。ただし、1日あるいは1回の服用量、服用時間については、医師・薬剤師の指示を守ってください。服用するときは、十分な水(コップ1杯の水)で飲んでください。

②腎臓病(じんぞうびょう)、心臓病、高マグネシウム血症、下痢といった病気のある人は、あらかじめ医師にその旨を報告してください。

 血液透析療法中の人は、乾燥水酸化アルミニウムゲル、ヒドロタルサイト製剤を、甲状腺(こうじょうせん)機能低下症や副甲状腺機能亢進(こうしん)症の人は、沈降炭酸カルシウム製剤を使用できません。

③この薬のほかに、現在用いている薬がある人は、必ず医師に報告してください。

 とくに、テトラサイクリン系抗生物質キノロン系抗菌剤ケノデオキシコール酸製剤鉄剤と併用すると、これらの薬の吸収を悪くするので、時間をずらして服用してください。

④大量の牛乳やカルシウム製剤、活性型ビタミンD3製剤、クエン酸製剤と併用すると、高カルシウム血症や高窒素血症(こうちっそけっしょう)などをおこすこともあるので、避けてください。

製薬会社名 健栄製薬、シオエ製薬、丸石製薬、マイラン製薬
剤形 錠剤
薬の色
包装材料の記号 KCI 11、KCI 12
薬剤本体の記号 KCI 11、KCI 12
分類 消化器系の薬 > 消化性潰瘍治療剤(抗潰瘍剤) > 制酸剤 > 酸化マグネシウム製剤
主な効果・効能 胃・十二指腸潰瘍、胃炎、便秘