レスタミン

どんな薬か?

 じんましん湿疹(しっしん)皮膚炎に伴うかゆみ春季カタルに伴うかゆみ枯草熱急性鼻炎アレルギー性鼻炎血管運動性鼻炎などを治療するために使います。

副作用

①発疹(ほっしん)などの過敏症状をおこすことがあります。過敏症状がおこったら服用を止め、すぐ医師に相談してください。

②動悸(どうき)、めまい、倦怠感(けんたいかん)、神経過敏、頭痛、ねむけ、口の渇き、吐き気・嘔吐(おうと)、下痢などがおこることがあります。

 このような症状がおこったときは医師に相談してください。

使用上の注意

①錠剤と散剤があります。1日2~3回の服用が原則です。1日の使用回数、使用時間、使用量については、医師の指示をきちんと守り、かってに中止、増量・減量しないでください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの有無や、現在使用中の薬の有無を医師に報告するとともに、使用前に薬の効果と副作用について、医師・薬剤師からよく説明を聞いて注意事項をきちんと守ってください。

③この薬で過去に過敏症状をおこしたことがある人、緑内障、前立腺(ぜんりつせん)肥大症、排尿障害のある人は使用できません。必ず医師に相談してください。

 また、妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人、母乳で授乳中の人は使用できないことがあります。

④ねむけをおこすことがあるので、使用中は車の運転や危険を伴う作業は避けましょう。

⑤この薬の使用中は禁酒を守ってください。

同じ分類の薬一覧

製薬会社名 興和創薬
剤形 -
薬の色 -
包装材料の記号 -
薬剤本体の記号 -
分類 抗炎症剤 > 抗ヒスタミン剤 > ジフェンヒドラミン配合剤 > 塩酸ジフェンヒドラミン製剤
主な効果・効能 -