レスラート

どんな薬か?

 胃粘膜の血液循環を改善するプロスタグランジンを増やす(プロスタグランジンには、胃酸の分泌を抑える、胃粘膜の血液循環をよくする、粘液の分泌を増加させる、胃粘膜に生じた障害を修復する、潰瘍(かいよう)の発生を抑えて潰瘍の治癒を促すといった作用がある)、胃粘膜に生じた創傷(きず)の治癒を促進するといった、消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)の防御因子を増強する作用をもつ薬です。また、胃酸やペプシンなど、消化性潰瘍の攻撃因子の分泌を抑えるという作用もあり、両面から治療できる薬です。

 副作用もほとんどないことから、とくに慢性の胃潰瘍胃炎の治療に使用されます。

副作用

 これといった重大な副作用はありませんが、ときに発疹(ほっしん)、のどの渇き、吐き気・嘔吐(おうと)、下痢、便秘、胃部の不快感などの症状をおこすことがあります。こうした症状がおこったときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①いろいろな剤型がありますが、毎食後と就寝前の服用が原則です。ただし、1日あるいは1回の服用量、服用時間については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。

 また、服用するときは、十分な水(コップ1杯の水)で飲んでください。

②長期間服用しないと効果の現れない薬ですから、かってに中断せず、指示された期間、継続して服用することが大切です。

③消化性潰瘍治療剤は、1日の服用のうち、夕食後の服用はとくに効果があるので、忘れずに服用してください。

④血栓症(けっせんしょう)のある人、妊婦、妊娠している可能性のある人には、服用量を減量するなどの配慮が必要です。このような人は、あらかじめ医師に報告してください。

⑤この薬を使用中にほかの薬を使用する必要が生じたときは、医師に相談してください。

 薬によっては、テトラサイクリン系抗生物質と併用すると、併用した薬の吸収を抑制することがあります。

製薬会社名 陽進堂
剤形 カプセル、細粒
薬の色 青・白、白~微黄白
包装材料の記号 YD 386 200mg 200mg、YD 492 40%0.5g/1包
薬剤本体の記号 /YD 386
分類 消化器系の薬 > 消化性潰瘍治療剤(抗潰瘍剤) > 粘液分泌促進剤 > 塩酸セトラキサート製剤
主な効果・効能 急・慢性胃炎、胃潰瘍、急性胃炎