ミドリンP

どんな薬か?

 副交感神経のはたらきを麻痺(まひ)させて、瞳孔(どうこう)を広げる(散瞳)薬です。血管収縮剤を加えて、効果を高めた薬もあります。前眼部の炎症低眼圧仮性近視などの治療のほか、眼底検査や目の手術の前処置に使用されます。

副作用

①まぶたの腫(は)れや赤み、白目の充血などが現れたときは、薬による過敏症状のことがあります。使用を止め、医師に相談してください。

②アレルギー性結膜炎、眼瞼(がんけん)結膜炎、眼圧の上昇、血圧の上昇、動悸(どうき)、吐き気、便秘、のどの渇き、ほてり、嘔吐、頭痛などがおこることがあります。このような症状がおこったときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①点眼液と眼軟膏(がんなんこう)があります。瞳孔を広げるために使うときは、点眼剤は1回1~2滴を1日1回点眼します。仮性近視の治療では、1~2滴を就寝前に点眼します。眼底検査や手術の前に使う場合は、1回1滴を3~5分おきに2~3回点眼します。点眼すると、瞳孔が開いてものが見えにくくなりますが、薬の作用は長く続かず、5~8時間でもとの状態に戻ります。

②眼圧が上がりすぎて緑内障をおこすことがあるので、指示通りに正しく使用し、乱用はしないでください。また、現在緑内障をおこしている人や、過去にこの薬を使用して過敏症状をおこしたことのある人は、あらかじめ医師に報告してください。

製薬会社名 参天製薬
剤形 -
薬の色 -
包装材料の記号 -
薬剤本体の記号 -
分類 眼科疾患治療剤 > 散瞳剤(副交感神経遮断剤) > トロピカミド・塩酸フェニレフリン製剤
主な効果・効能 -