C-チステン

どんな薬か?

 去痰剤(きょたんざい)として応用されていますが、耳鼻科用としては慢性副鼻腔炎の排膿(はいのう)に、5%のシロップは滲出性(しんしゅつせい)中耳炎の排液に用いられます。

 副作用として、食欲不振、腹痛、下痢、吐き気・嘔吐(おうと)、腹部膨満感、口の渇き、発疹(ほっしん)、紅斑(こうはん)、かゆみなどが現れることがあります。このような症状が現れたときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①1日3回の服用が原則です。医師・薬剤師の指示を守り、正しく使用してください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギー・現在使用中の薬の有無などを医師に報告してください。

 とくに、肝障害や心障害のある人、妊婦、現在妊娠する可能性のある人は、使用できないことがあります。必ず医師に相談してください。

製薬会社名 鶴原製薬、日医工、日本ジェネリック
剤形 細粒、錠剤
薬の色
包装材料の記号 C-CYSTEN 50%・1.0g、TSU 270 250mg
薬剤本体の記号 -
分類 耳鼻咽喉科・歯科・口腔用剤 > 副鼻腔炎治療剤 > L-カルボシステイン製剤
主な効果・効能 上気道炎、急性気管支炎、気管支炎、気管支喘息