レミッチ

どんな薬か?

 血液透析を受けている人における瘙痒かゆみ)の改善(既存治療で効果不十分に限る)に用います。血液透析患者の瘙痒症は難治性で、とくに夜間のかゆみは睡眠障害をおこし、既存治療薬(抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服、外用ステロイド薬など)、光線療法、スキンケアなどで効果が得られない場合に有効です。

副作用

 不眠、便秘、ねむけ、血中甲状腺刺激ホルモン及び血中プロラクチンの増加、嘔吐、吐き気、下痢、食欲不振、腹部不快感、口渇、かゆみの悪化、発疹、湿疹、動悸、肝機能異常、黄疸、色素沈着、ほてり、いらいら、浮動性めまい、頭痛、幻覚、倦怠感、胸部不快感、好酸球増多などが現れることがあります。このような症状が現れたときは、すぐ医師に相談してください。

使用上の注意

①カプセル剤で、1日1回、夕食後または就寝前に服用します。その際、この薬の内服から血液透析開始まで十分な間隔をあけてください。この薬の成分に対して過敏症の既往歴のある人、妊婦または妊娠している可能性のある人は使用しないでください。

②ねむけ、めまいが報告されているので、車の運転や危険な作業は避けてください。

③睡眠剤、抗不安剤、抗うつ剤、抗精神病剤、抗てんかん剤、オピオイド系剤、抗真菌剤、ミデカマイシン、リトナビル、シクロスポリン、ニフェジピン、シメチジン、グレープフルーツジュースなどとの併用は注意してください。

製薬会社名 東レ、鳥居薬品
剤形 カプセル
薬の色 ごく淡黄~淡黄
包装材料の記号 TR 11
薬剤本体の記号 -
分類 他に分類できない薬剤 > 瘙痒症改善剤 > ナルフラフィン製剤
主な効果・効能 血液透析患者の瘙痒症