ピナトス

どんな薬か?

 気道の過敏性を改善し、喘息(ぜんそく)発作などのアレルギー性疾患の症状を誘発するロイコトリエンの発生を抑える作用がある薬です。

 気管支喘息のほか、脳循環改善作用もあるので脳梗塞後遺症脳出血後遺症に伴う慢性脳循環障害によるめまいの改善にも使用されます。点眼剤を参照してください。

副作用

 発疹などの過敏症状が現れることがあります。過敏症状が現れたときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。

 ときに、めまい、頭痛、食欲不振、吐き気・嘔吐、腹痛、消化不良、肝機能の異常などがおこることがあります。このような症状がおこったときは、医師に相談してください。また、血小板減少が現れることがあるので、指示された検査は必ず受けてください。

使用上の注意

①カプセル剤です。気管支喘息には1日2回、脳梗塞後遺症や脳出血後遺症には1日3回の服用が原則です。1回の使用量、使用時間については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質や、現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。

③妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人は、使用できないことがあります。また、この薬で過去に過敏症状をおこしたことがある人は使用できません。必ず医師にその旨を伝えてください。

同じ分類の薬一覧

製薬会社名 大正薬品工業、日本化薬
剤形 カプセル
薬の色 白・白
包装材料の記号 TYK 269
薬剤本体の記号 269/269
分類 抗炎症剤 > 抗アレルギー剤 > イブジラスト製剤
主な効果・効能 気管支喘息、脳血管障害