エルカルチン

どんな薬か?

 先天性代謝疾患のプロピオン酸血症やメチルマロン酸血症におけるレボカルニチン欠乏の改善に用いられます。

副作用

 副作用として、食欲不振、下痢、軟便、腹部膨満感、顔面のむくみ、血尿、貧血が現れることがあります。このような症状が現れたときは、医師に相談してください。

使用上の注意

①錠剤で、1日3回の服用が原則です。1回の使用量については医師・薬剤師の指示を守り、かってに中止したり、減量・増量しないでください。

②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。

 妊婦、現在妊娠する可能性のある人、乳児などには十分に注意して用いてください。

③血液検査、肝・腎機能検査などの医師から指示された検査は、必ず受けてください。

製薬会社名 大塚製薬
剤形 錠剤
薬の色
包装材料の記号 OG 52 300mg 300mg、OG 53 100mg 100mg
薬剤本体の記号 OG 52、OG 53
分類 他に分類できない薬剤 > 塩化レボカルニチン製剤
主な効果・効能 プロピオン酸血症