ティーエスワン

どんな薬か?

 体内で徐々に活性化するテガフールに、フルオロウラシル系製剤5-FUの血中濃度を高めるギメラシル、5-FUの影響による消化器の副作用を抑えるオテラシルカリウムを加えた抗ガン剤で、胃ガン頭頸部(とうけいぶ)ガン胆道ガン結腸・直腸ガン、手術不能または再発乳ガン膵臓ガンの治療に用いられます。

副作用

①発疹(ほっしん)、かゆみなどの過敏症状が現れることがあります。過敏症状が現れたときは使用を止め、すぐ医師に報告してください。

②重い血液障害、重い腸炎、間質性肺炎(かんしつせいはいえん)、消化性潰瘍(かいよう)、劇症肝炎(げきしょうかんえん)、消化管出血、重篤な口内炎、急性腎不全(じんふぜん)、ネフローゼ症候群、急性膵炎(すいえん)、白質脳症(認知症様症状や意識障害など)、ねむけ、錐体外路症状、手足の麻痺、尿失禁、見当識(けんとうしき)障害、記憶力低下、横紋筋融解症、めまい・しびれ・舌のもつれ・ふらつき、物忘れなどの精神神経障害、狭心症(きょうしんしょう)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、心不全、不整脈が現れることがあります。こうした症状が現れたときは、使用を中止します。また、吐き気・嘔吐(おうと)などの消化器症状、色素沈着やかゆみなどの皮膚症状、血圧上昇・下降などの循環器症状、のどの痛みなどが現れることがあります。

使用上の注意

①カプセルで、1日2回、28日間使用し、その後14日間休薬するという服用法を繰り返します。服用するときは、医師・薬剤師の指示をきちんと守ってください。

②過去にこの薬で過敏症状をおこしたことのある人、極端に骨髄機能が低下している人、肝臓や腎臓に重い障害のある人、フッ化ピリミジン系抗真菌剤のフルシトシンを使用中の人は使えません。

③肝・腎障害、感染症の合併症、耐糖能異常、間質性肺炎、心臓病またはその既往歴のある人、消化管に潰瘍や出血のある人、妊婦、現在妊娠する可能性のある人などの使用には、十分な注意が必要です。

製薬会社名 大鵬薬品工業
剤形 顆粒、カプセル
薬の色 白、白・白、橙・白
包装材料の記号 20mg/0.2g TC 451、25mg/0.25g TC 452、TC 442 20mg、TC 443 25mg
薬剤本体の記号 TC 442/TC 442、TC 443/TC 443
分類 抗ガン剤 > 代謝拮抗剤 > テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合製剤
主な効果・効能 胃・大腸・肺・膵臓・乳ガン