• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

カロナール

どんな薬か?

 体温調節中枢や神経中枢にはたらきかけて、熱を下げ、痛みをやわらげる効果のある薬です。

 感冒かぜなどの発熱頭痛耳痛咽頭(いんとう)痛喉頭(こうとう)痛症候性神経痛(病気が原因となっておこる神経痛)、腰痛症筋肉痛関節痛打撲捻挫(ねんざ)の痛み月経痛分娩後(ぶんべんご)の痛み歯痛歯の治療後の痛みといった、いろいろな痛みをやわらげるために使います。

 アセトアミノフェンは、市販のかぜ薬にも含まれていることが多い成分です。坐剤(ざざい)、シロップは子どもの解熱に使います。

副作用

①まれに過敏症状(発疹(ほっしん)、かゆみ、さらに熱が高くなるといったアレルギー症状)が現れることがあります。過敏症状が現れたら使用を中止し、すぐに医師に相談してください。

②ときに、吐き気・嘔吐(おうと)・食欲不振などの胃腸症状が現れることがあります。内服剤の場合は、とりあえず食直後に飲み、それでも症状が続くようなら医師に相談してください。

③貧血などの血液障害や肝臓障害がおこることがあります。医師から指示された診察や検査は、必ず受けるようにしてください。

使用上の注意

①いろいろな剤型があります。内服剤を服用するときは、副作用の胃腸障害を防ぐために食後の服用が原則です。

 かってに中止、増量・減量したりしないでください。また、必ず4時間以上の間隔をあけて服用し、飲み忘れたときに、次回に2回分をあわせて飲んだりしないでください。

 坐剤を使用するときは、必ず4時間以上の間隔をあけて使ってください。使用する間隔が短いと、体温が下がりすぎて危険です。とくに子どもに坐剤を使用するときは、熱が下がらないからといって使用間隔を短くすると、急に熱を下げてショックをおこすことがあります。

②あらかじめ、持病や現在使用中の薬の有無を医師に報告し、薬の効果と副作用について医師・薬剤師からよく説明を聞き、注意事項をきちんと守ってください。とくに血液の病気、腎臓(じんぞう)・肝臓・心臓の病気がある人、過去にそれらの病気になったことがある人、絶食・低栄養状態・摂食障害などによるグルタチオン欠乏、脱水症状のある人、過去に解熱鎮痛剤で過敏症状をおこしたことがある人、本人または両親・きょうだいにアレルギーの病気があったり、食物や薬でアレルギーをおこしたことがある場合は、あらかじめその旨を医師に報告してください。

③妊婦あるいは現在妊娠する可能性のある人、母乳で授乳中の人は、あらかじめ医師に報告してください。

④3日以上使用しても解熱しない、いちど解熱した後また発熱するようなときは医師に相談し、6日以上続けて使用しないでください。

⑤高齢者は腎臓のはたらきが低下していて、尿といっしょに薬を排泄(はいせつ)する力が衰えているため、薬が体に蓄積されて副作用が出やすいものです。1日の服用回数、1回の服用量などの医師の指示をきちんと守ってください。多量飲酒者は肝機能障害がおこりやすくなるので、医師に相談してから用いてください。また、小児や絶食・低栄養状態・摂食障害などによるグルタチオン欠乏、脱水状態にある人は、医師に必ず報告してください。

⑥この薬を使用中にほかの薬(市販薬も含めて)を使う必要が生じたときは、医師に相談してください。また、副作用が出やすくなるので、薬の使用中は禁酒を守ってください。

製薬会社名 昭和薬品化工
剤形 坐剤、錠剤、細粒
薬の色 白~淡黄白、白、淡橙
包装材料の記号 SD CAL・SUP 100、SD 112 200mg、SD 113 300mg、SD 116 0.5g、SD 117 1.0g、SD 121 0.6g、SD 122 1mg、SD CAL・SUP 200
薬剤本体の記号 SD 112、SD 113
分類 神経系の薬 > 解熱鎮痛剤・総合感冒剤 > アニリン系解熱鎮痛剤 > アセトアミノフェン製剤及び配合剤
主な効果・効能 小児の発熱、感冒の発熱、頭痛、歯痛、腰痛症、耳痛、腰痛症の鎮痛・解熱、感冒の発熟