• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

CAGR(年平均成長率)

  1. compound average growth rate
  2. 複数年にわたる成長率から、1年あたりの幾何平均を求めたもの。
  3. 例えば、100百万円の売上高が3年間で160百万円に伸びたときの、3年間の平均成長率を考える。 この問題に対して、3年間で160÷100=1.6 すなわち60%増だから、1年あたりの平均成長率は60÷3=20で20%という考え方は誤りである。 一般のビジネスの考え方では年平均成長率というとき、複利の考え方を前提にしており、100×(1+x)×(1+x)×(1+x)=160となるようなxを求めないといけない。 従って、3√1.6=1.1696・・・ すなわち17.0%が正解となる。 この考え方は、複利の投資商品の利回り計算などにも応用される。
  4. 「またCAGR(年平均成長率)は、年平均成長率とも言う」