ろうじんせいかんぴしょうひふのかさかさ【老人性乾皮症(皮膚のかさかさ)】<高齢者の病気>

どんな病気か?

皮膚の角質層(かくしつそう)の水分は加齢とともに減少し、皮膚が乾燥して白く粉を吹いたようになります(原因のほとんどは老人性乾皮症(ろうじんせいかんぴしょう))。皮膚のバリア機能が低下し、小さな刺激にも反応し、かゆみを感じやすくなります。
とくに腰や腿(もも)の前面などは服がこすれて刺激を受けやすく、かきむしると湿疹(しっしん)ができやすくなります。

関連する食品

ビタミンEコラーゲンが皮膚の乾燥を防ぐ

栄養成分としての働きから

乾燥を防ぐにはビタミンAコラーゲンビタミンCが有効です。
ビタミンAは皮膚の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を活発にして健康な上皮組織(じょうひそしき)をつくります。レバーやウナギなどの動物性食品や、ニンジンカボチャなどの緑黄色野菜に豊富に含まれており、炒(いた)めものにするなど、油といっしょにとると吸収率が上がります。
鶏の砂肝(すなぎも)や魚の煮(に)こごりに多く含まれるコラーゲンには、皮膚の水分を保つ働きがあり、肌の張りを回復させるのに役立ちます。ビタミンCは、このコラーゲンを体内で生成する働きがあり、皮膚のバリア機能を高めます。ブロッコリーキウイなどに多く含まれています。
皮膚の老化を防ぐビタミンEや、皮膚を強くして湿疹を防ぐビオチンもあわせて補給しましょう。ビタミンEウナギやたらこ、ビオチンはレバー、たまごに含まれています。

出典:食の医学館