報酬比例部分

  1. 厚生年金では、65歳より前から支給される「特別支給の老齢厚生年金」があり、定額部分及び報酬比例部分から成る。このうち報酬比例部分とは、年金額が加入期間中の報酬及び加入期間によって決まる部分であり、65歳から支給される老齢厚生年金は、報酬比例部分と同様である。
    なお、平成12年の法改正で支給開始年齢が段階的に引上げられ、65歳以前に報酬比例部分の給付が支給されるのは、男性は昭和36年4月1日以前に生まれた者、女性は昭和41年4月1日以前に生まれた者とされた。

    【報酬比例部分の支給開始年齢】
    支給開始年齢 生年月日
    60歳 S28.4.1以前(男子)
    S33.4.1以前(女子)
    61歳 S28.4.2.~S30.4.1 (男子)
    S33.4.2.~S35.4.1 (女子)
    62歳 S30.4.2.~S32.4.1 (男子)
    S35.4.2.~S37.4.1 (女子)
    63歳 S32.4.2.~S34.4.1 (男子)
    S37.4.2.~S39.4.1 (女子)
    64歳 S34.4.2.~S36.4.1 (男子)
    S39.4.2.~S41.4.1 (女子)